アイフォンの電池交換と流れ・OCNモバイルONE

ドコモからOCNモバイルONEに乗り換えて2年以上経ち電池のモチが悪くなったので交換しました。

今まではドコモの2年契約?のような本体を半強制で変更していたので電池の交換は必要なかったですが
格安スマホでは本体が不調でもない限り延々使うことが可能です。

乗換え時に9万程度でアイフォン6Sをアップルショップからシムフリーで購入して使い始めました。
電池チェックしたら79パーセントの性能となっています。聞いたら79パーはもう完全に交換推奨次期だそうです。

ラッキーなことにこの世代はトラブルで電池交換が3,500円程度と半額近い金額で交換できました。

交換の流れですが代替機を持っている人はそちらにデータを入れ替えてアップルショップに電話して運送業者がとりに来てくれます。修理期間は長い設定ですが家族の時は実際出して数日で返却してきて早かったです。遅いとクレーム来るので長めに伝えてきますが実際サクサク交換して送り返すのでしょうね
このメリットは送料の往復分がアップル負担なので直接アップルに持っていかなくても料金が同じということです。

さて自分の時は直接アップルに予約して行きましたが流れを書きます。
アップルのサイトから電池交換できるお店(アップル以外でもなんとか電気とかでも交換可能)が出てきてそこから予約が出来ます。

が、最後の予約する画面に全く入れないので直接電話して予約するほうが圧倒的に楽です。

予約は1週間前の同じ時間から予約できるそうですが土日はほとんど予約することが不可能です。
平日の出しにいける日の1週間前に電話することが大事です。

電話する時はIMEI番号が居るので設定・一般・情報でIMEI番号が解ります

当日行く前にバックアップが必要です。アップルで交換した時聞きましたが5パーぐらいの確率でデータが消えるそうです。消えたらアップル内がFIHIフリーなのでそこでバックアップから入れ直せるので時間は掛かりますがなんとか電機よりはアップルショップで交換がリスク回避になるような気がします。

保護シールは交換時にはがす時があるのでシールを新品に変える予定の時は電池交換が先です。今回ははがされませんでしたが、家族が本体送って交換した時はシールはがされて戻ってきました。
交換時間は2時間程度でしたので預けて外に出て用事を済まして戻っていきました。

交換してフル充電にしたら確かに今までより電池のモチがよくなりました。
それでも本当に充電したのかなと電池チェックしてみたらちゃんと100パーセントになっていました。

アップルの電話番号は
0120-277-535
アップルは本体高い分サポートは充実しています、バックアップ方法から予約まで出来るまで付き合ってくれるのでそこは気に入っています。


OCNモバイルONEのような格安スマホは本体長く使うほどお得になるのでこれで後2年は使えそうです。

因みに民間の電池交換はひとまわり安く交換できますが何かあった時は自己責任だそうですが正直そんな微妙な物ではないような気がするので次回アップルの交換が9000円近くにもろ定価であれば民間に行くと思います。過去1度交換しています。


ocn1.jpg